バイアグラの知識を深めよう

バイアグラの知識を深めよう サイトイメージ

もしもバイアグラの効果が薄れてきたらどうすれば良い?

バイアグラの効果が薄れた場合

バイアグラの効果が薄れてきたら?

バイアグラは力強い勃起力が魅力的なED治療薬ですが、長期連用している方には効果が薄れてきたと感じるケースもあるでしょう。以前より薄れてきたと感じた場合は、EDが進行している可能性も考えてみましょう。

症状が重たくなるほど、効き目が悪いと感じるのは当然のことなのです。軽度のときは25mgで十分な効果を発揮しても、重度になると50mgが必要になることもあるでしょう。

日本では50mg錠までしか取り扱いされていないので、50mg超に用量を増やすことはできません。

バイアグラの効き目が悪くなってきた場合には、心因性の症状が大きく働いている可能性もあります。EDは成人病とされますが、人によっては精神疾患の要素が大きくなっています。

日頃のストレス、下半身のコンプレックスなどが原因で立ちが悪くなっている場合は、これらを解消していくことが先決となるのです。バイアグラには優れた血管拡張作用がありますが、メンタルには作用しません。

確かにSEXが成功することで、失敗に対するコンプレックスは解消できるかもしれませんが、仕事のストレスを克服するのは別の対策になるでしょう。

30代からEDの発症者が増えてくると言われますが、それには大きなストレスが関係していると言われています。中間管理職の立場にある男性は、EDになりやすいという話もありますが、これもストレスによる影響でしょう。

そう考えるとストレス性の薄毛になりやすい男性は、EDの発症率も高いと言えるでしょう。バイアグラの効果が薄れてきたら、自分なりに効果を弱くしている理由を考えてみるべきです。

服用するタイミングは食前が好ましく、食後に服用すると思うように効き目を発揮できないことがあります。最初は正しく服用していても、なれてくると間違った方法で服用してしまう方が少なくありません。

メンタルに原因があると考えられる場合は、それらを解消していくことが大切です。特に慢性的なストレスはEDの原因となりやすいので、早期に解消していくことが大切でしょう。下半身の悩みを抱えている場合は、それらを克服していく対策が必要となります。

早漏に原因があるなら、早漏の治療薬を服用して克服していきましょう。早漏がEDを引き起こすケースがあるので、解消していく価値はあるでしょう。

改善が困難と思われる症状に関しては、割り切ってしまうしかありません。改善できないことをくよくよと考えていても、まったく意味のないことなのです。