バイアグラの知識を深めよう

バイアグラの知識を深めよう サイトイメージ

ED治療薬のバイアグラに安全性はあるのか?リスクはない?

バイアグラの安全性について

バイアグラに安全性ってあるの?

バイアグラには飲んではいけない人がいることをご存知でしょうか?このような話を聞くととても危険なお薬という印象がついてしまう方もいるかもしれませんが決してそうではありません。もちろん、内服してはいけない人が飲むことは危険です。

しかしそうでない人が飲むことにはそれほど大きな危険があるわけではなく、比較的安全性は高いです。バイアグラの成分であるシルデナフィルはもともとは狭心症の治療薬として開発さていたお薬です。

動物実験を経て人間に投与しても安全性が高いと判断され、人への投与が開始されていた時に実はED治療薬としての効果がありそうだとわかってED治療薬としても開発されているので、特別に危険性を心配しすぎる必要性はありません。

しかし、インターネットの発達した現代社会ではバイアグラが危ないといっているサイトも見られます。しかし、正しい知識を持つ必要があります。心配であれば必ず処方した医師に確認をするとよいでしょう。では、正しい知識とはどのような内容でしょうか。

まずはお薬の作用と飲んではいけない人の関係について考えてみます。バイアグラは血管を広げるお薬です。先ほど述べたように狭心症の治療薬として開発されていました。このお薬をED治療薬として飲めば、体の血管も広がってしまいすので血圧が少し下がってしまうことがあります。

このお薬をED治療薬として使うということは異性との性的接触がほとんどの場合は前提になるでしょう。セックスは血圧変動など心臓など循環器系に負担をかける行為です。このような行為を心臓が弱っていたり、持病があったりしてほかのお薬と飲んでいる上に血管を広げるED治療薬を飲み、さらに激しい性行為をすれば命に係わることが起きてもおかしくはありません。

しかし、持病もなく定期的に飲んでいるお薬もない人には性行為は少々の負担はかかりますが、決して命にかかわるものではなくその負担は自分の体に備わっている適応能力の範囲で制御できます。具体的には普通は興奮すれば血圧は少し上がるので大きな問題が出る可能性は非常に低いです。ですから命にかかわるようなことが起きることは考えにくいのです。

つまり何の病気も持っていない人が飲んで性行為を行ったとしても安全性は高いと考えられます。危険といわれるのは、日本でバイアグラが飲まれるようになった初期にこのようなことがまだ十分に説明されていなかった時期に、持病を持った人がお薬を飲んで性行為を行い、命に係わることが起きてしまったために広く知られるようになりました。ですから、ルールを守って使えば決して危険なお薬ではなく、安全性は高いです。